FC2ブログ
日々の中で気づいたことや最近凝り始めた懸賞当選商品の紹介をのんびり綴ります。

抜糸完了
先々週の金曜に抜歯した親知らずの抜糸をしてきました。

抜糸はたった3分くらいで終了して金額も微々たるものなのですが
いかんせん大学病院まで1時間くらいの道のりで
そこまでの交通費と時間がどうしても無駄に感じてしまいます。

まぁ仕方ないことなのですが…。

出来れば今月中に左下の水平埋状智歯の抜歯もしたい気持ち満々だったのですが
担当医があまりにも忙しく予定がびっちり詰まっている模様で
10月になってしまうことになり仕方なくそこで予約を入れました。

せっかく9月の連休を利用して抜きたかったのに(;^ω^)
逆に考えればしばらく病院がないのでやりたいことややらなきゃいけないことを
いくつかしておかなかければって思います。

色々思い通りにならないことが多く
最近悶々とした日々を送っているので何かリフレッシュしたいなぁ。
スポンサーサイト

右下顎水平埋伏智歯抜歯
以前風邪をひいてキャンセルをしていた
親知らずの抜歯をしてきました。

特に今回は下顎に完全埋没している親知らずの抜歯だったので
前回の上の抜歯よりも腫れるし痛いよと脅しを受けておりました。

不安と緊張でいっぱいの私は担当医の先生は
優しく励まし元気づけてくれました。

これからも何か不安なことがあったら何でも相談して欲しいなんて
心強い言葉をくれてありがたいことこの上なしです。

そのおかげで多少痛みはあったものの無事終了しました。

前回と違って抜いた直後からぷっくりと腫れて
顔が右半分だけ四角形になってしまいました(笑)

痛みは前回と同じくらいで意外と大丈夫でしたが
口の中は切り傷で痛いし顎は打撲のような痛みがあるしで
まぁこれもロキソニンを飲めば大したことないって感じでした。

やっぱり腕の良い先生は自信満々で私の抜歯をしてくれるので
いつも頼もしいなと思って安心して身を委ねることが出来ます。
本当にその先生が私の担当医で良かったと思っています。

今度は抜糸とあと残りのもう1本の抜歯は
来月中には終わらせたいと思います。

でもやはり麻酔の注射が多くてそれが一番痛かったかも。

矯正歯科通院日
先週の金曜日は矯正歯科の月に一度の通院日でした。

今は上の歯にブラケット装着をして丁度一カ月経過して
少し慣れ始めたところで上手く歯が磨けているかチェックされるのが
分かっていたのでとりあえずはしっかり磨いていきました。

結果としてはちゃんと磨けているのでこの調子でという
お褒めの言葉を衛生士さんから頂き嬉しかったです。

元々ガタガタではないためそんなに変化もないのですが
次は下の歯にブラケットを装着する前段階として
また細い金属の針金のようなものを歯間に巻き付けられました。

その際にどう失敗したのか分かりませんが下唇を傷つけられて血が出て痛かったです。
ごめんねと言われたら許すしかありませんし
長年やっている割には下手だなと正直思ってしまいました。

最初は色々と親身になって話を聞いてくれるタイプだと思っていた医師ですが
最近になってあまり話は聞いてくれるタイプではないということに気付いたので
これからはあまり余計なことは言わないことにしようと思います。

家から近くて保険適用の治療が出来て通いやすいというのが最大のメリットなので
先生の人格については少し目をつぶろうと思います。
ただ治療で疑問点があったらもちろん言いますけれど。

今のところ口腔外科の先生の方が頼りがいがあり
手術はそちらの先生にお任せするため少しは安心していますが
その先生もイメージが変わってきたら嫌だなと思っているところです。

夏の終わりころには下の歯にもブラケットが付くんだろうなと思いますが
付けた直後の痛みはなかなか嫌なのでまた憂鬱になりそうです。

それ以前に来月には延期になっている下の歯の埋没親知らずの抜歯が
待っているのでそれが一番ドキドキです。

マルチブラケット装着
とうとうこの日がやってきました。

マルチブラケットの装着をしてきました。
今回は上の歯だけでした。

装着自体はあっという間に終わったのですが
帰り際にあと数時間したら痛みが出ると思いますのでと
衛生士さんに言われていて嫌だなと思いながら帰宅しました。

夕方になって案の定痛くなり
歯が浮いたような何か食べ物を噛むとかなり痛み辛い状況です。

しばらくすると痛みがなくなるという話ですが
思いのほか痛くてまたしばらくしたら親知らずの抜歯があり
さらなる痛みと闘わなくてはいけないためしばらくは痛みとの戦いの日々で
ストレスがたまり発狂しそうです。

普通に食べ物が咀嚼できるということがどんなに素晴らしいことか
思い知らされる日々が続きます。

歯を磨くのも大変で時間もかかるし
歯を押すので痛みも感じます。

どう気持ちを保っていけばいいのか
出口のないトンネルの中をさまよっているような気持ちになり
時々いきなり涙してしまう今日この頃です。

でもこの先もっと辛い治療が待っているので
ここで負けてしまってはいけないのだと言い聞かせています。

無事に抜糸終了
右上の親知らずの抜歯が終わりました。

抜糸はとても簡単であっという間でしたが
私の主治医の歯科医師はとても気遣ってくれる方でいつも痛くなかった?大丈夫?と
その都度言葉をかけてくれるのでありがたくて安心できます。

今までこんなに気遣ってくれてコミュニケーションをマメにとってくれる
医師との出会いがなかったので良かったと思っています。
ちゃんと信頼できる医師はいるのですね(*´▽`*)

次回はいよいよ下の親知らずの抜歯が待っております。
下は大変だということは重々承知の上で医師に尋ねると
この前よりも痛いよ~もっと腫れるよ~とかなり脅されました(;^ω^)

でも先生の腕は確かなので信じて抜歯を頑張りたいです。
また近づいてくるとドキドキなんだろうな(´;ω;`)
Copyright © のらりくらり. all rights reserved.