fc2ブログ
日々の中で気づいたことや最近凝り始めた懸賞当選商品の紹介をのんびり綴ります。

術後一カ月検診☆口腔外科
結局一カ月経過してもしびれが治らず不安なまま通院日を迎えました。

世間的にはいい夫婦の日で結婚する人も多い中
不安を抱えて通院する私のなんとも悲しいことやら( ;∀;)

今日は朝から冷たい雨が降っていたせいか
晴れて暖かい日に比べると患者の数が少なかったです。
今までこの病院に来るのにこんなに天気が悪かったのは入院日だけでしたので。

先生もやはり気にしていたのか入り口で待っていてくれて
しびれはどう?と開口一番聞いてきました。
私は変わらないと答えると先生も少し元気がなくなっているように見えました。

それからレントゲンとCTを撮るのに1時間くらいかかり
その結果が出て呼ばれるまでまた1時間くらいかかりました。
今日は患者数が少ない割には待たされるという感じでした。
とにかく大学病院は待ち時間が長すぎます。

じっくり話せるように個室に通されました。
レントゲンとCTの結果から骨も異常はなくプレートもズレることなく留まっているとのこと。
本来ならそれだけで安心して診察を受けられるはずなのですが
なんせしびれが治らないのが一番の問題なのでその点について聞いてみると
やはり予想では一カ月で治っていると思われていて予想は外れた模様。

しかし相変わらずあと2カ月くらい待てば必ず良くなるという態度。
でももう私はそんなには待てないし、食事と会話に支障をきたしているのだから
一日でも早く治したい、専門の先生のところに行きたいから紹介状をと言いました。

先生はそこへ行っても答えは一緒だろうけどいいの?みたいに聞いてきましたが
私としてはこのままでは納得できないので行く決意を固め紹介状をもらいました。

どこの文献を読んでも神経修復は時間が勝負だと書いてあり
術後一カ月経っても残っているようならば積極的な治療は必要だとなっていて
場合によっては三カ月経ってその後も治らず一生残ることがあるとも書かれていて
正直怖くなったのと後悔したくないという気持ちが大きくなりました。

一応治療法の選択肢として星状ブロック注射、赤外線、レーザー、漢方、鍼治療
そして今までのようなメチコバール(ビタミンB12)、ATP製剤のような飲み薬の治療と
色々な治療法があるようですがどの治療法も確実に良くなるかという確証はなく
ただ組み合わせて行うことで症状の改善に繋がってくるとも書いてあったので
そのどれかを試してみたいという気持ちです。

星状ブロック注射は今の病院で唯一出来ることらしいのですが
副作用の懸念がある割には効果が今一つという文献を読み
もうこれ以上何か他の症状で悩みたくないのでそれは嫌だと思いました。

私が希望しているのは赤外線やレーザーなどで血流を良くして
神経の修復を促す方法です。
何もやらないよりは絶対にいいだろうと思うからです。

まぁ結局一度行ってみてその先生を話してみないと何とも言えないのですが
まだいつ予約が取れるかどうかも分からないため
それまでまだ色々と考えてしまいそうです。

それから診断書は一応会社に体に関して配慮してもらえるような
記述に変えてもらえたのであとは会社と相談して無理なく復職出来たらと思っています。

あとは残っていた糸を抜糸してもらって少し楽になったことと
術後一カ月経ったのでこれから白米を食べても良い許可が出たこと、
開口訓練を始めてあと一か月後の通院日には指2本が第二関節まで
入るくらいになっていないと強制的に開けると脅されました。

やり方は上の歯に親指を下の歯に人差し指科中指を押し当てて
上下に開いて無理にでも口を開けるようにすることらしいです。
お風呂など結局が良くなっているときに行うとやりやすいとかで
実際に先生にグイグイやられて地味な痛みが顎に走りましたが
少しずつやっていけば開いていくんじゃないかと思って頑張らねば。

現段階では指は1.5本くらいは入るのであと少し
術後すぐは飴玉すら入らないくらいだったのでこれでもだいぶ開くようになったと思います。

手術も大変だったけれど術後もひとつずつクリアしなきゃいけない問題が多くて
生きていくのって本当に大変だなってつくづく感じています。

笑顔で手術して良かったと思える日なんて来るのかな。
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © のらりくらり. all rights reserved.